銀魂@渋谷TOHO

銀魂ファンの息子たちに

「漫画も読んでないのに」

「アニメも全部見てないのに」

って言われながら仕事終わりに行ってきました。

席の予約は予約開始後の夜中に目が覚めちゃって予約を入れた時には

半分も埋まってなくて心配しましたが直前でほぼ満席。

アタシが見た時には残り5席でした。

結果

マンガやアニメを見てなくても全然大丈夫でした〜

 

他のアニメもボチボチ見てたし漫画も息子たちが買ってたのを時々見てたからか

クスクス笑いや声を出して笑うシーンが多くてハマりました。

大好きな岡田くんやら出演者が多彩で福田ワールド満載だったしね。

 

剛さんも、一瞬で目が変わる所はしっかりと分かったし

菜々緒さんがつい笑ってしまったシーンはこっちも笑ってしまってたし

ホント面白かったぁ〜

そして剛さんが倒れるシーン!

ひゃぁ〜遠目でもすね毛がない!
ツルツル!!
そして足の間、着物がさばけちゃった所にある赤いモノ?布?に目が釘付けww
ナニ見てるんだ自分・・・( ゚Д゚)
終わってまた見たいって思いました。
今度はいつ以降かな?
久し振りに同じ映画のリピートは何回になるかな??
楽しみです〜〜

 

映画 区切り 11:38 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ROAD SHOW DVD発売記念上映会@シネマート新宿(7月7日)

 

 

3月に参加したキム・ナムギルのSPECIAL STAGE 2016のDVDには入っていない

未公開部分を含めた上映会でした。

誘ってくれたSさん、ありがとうございました!

 

右側のがチケットの半券。

左側のがはがきサイズの写真がお土産でした。

ピアノなので大阪の時の写真ですね。

 

会場入り口には、彼のサインとボード。

サインは韓国語をお勉強しているお友達に教えてもらったのですが

「キムナムギル 

  お元気で  」

って書いてあるそうです。

 

上映会は、東京と大阪のが半分ずつ位かな?

とても懐かしかったです〜

 

彼の歌の中で一番好きなのが「愛してはだめですか

DVDを買ってないので、またここで聞けて嬉しかったな〜

 

 

 

続きを読む >>

映画 区切り 15:17 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ガンダム THE ORIGIN 掘ゞ任遼起・舞台挨拶(5月28日)@TOHOシネマズ日本橋

今回は、中日に舞台挨拶の先行予約があったので申し込んだら当選
でも第一希望の一回目は取れず2回目(13:50)に当選
って事で行ってきました。


窓からは「福徳神社」さんが見えました。




やっと前回はキャスバルからエドワウ・マスへ名前が変わったのが
今回からエドワウからシャア・アズナブルへと変わる回。
本物のシャアを騙してシャアになりすまし、本物のシャアを知ってる友を亡き者にする
カレの周到な行動が鮮やかでそしてガルマとの出会いとガルマを翻弄する姿が「悪」なんだけど
それは小さい頃からシャアの生まれからに寄る因縁が前回よりもテンポも良かったです。
後にガルマの兄ドズルの妻になる若き日のゼナも登場。
と、一年戦争直前のルウム戦役の前までのストーリー。

映画が始まる前にシャアの中の人池田秀一さん、セイラさんの中の人潘めぐみさん
ガルマの中の人柿原徹也さんと司会者が登場。
潘さん、柿原さん、可愛いかったし、さすがベテランの池田さんのトークは面白かったです。
特に「他のキャラだったらどのキャラをやりたいですか?」との質問に
柿原さんはシャア、潘さんは殴られて吹き飛ばされる方の役、
池田さんは「ハモンですね」と〆てくれました〜ww
アタシの大好きなクラウレ・ハモンさん☆
受け狙いでも嬉しかったな〜(^-^;

エンドロールの後、お決まり?の次回へ続く映像があってアムロが登場。
次回予告を見たら早く次が見たくなりました。

終わって出てくると、長ちゃんの映画のポスターがありました。







 

映画 区切り 08:43 区切り comments(0) 区切り - 区切り

花、香る歌@シネマート新宿


キムナムギルssi主演ではないけど、「押し」の映画を見てきました。

花、香る歌

韓国の男性しか演じることができなかった「パンソリ」ってのを
初めて女性が演じた史実を脚色した作品です。

miss Aのメインボーカルのスジが主演。
この子は数年前に「ドリームハイ」見たような気がするんですが
あまり印象的でなかったな〜
師匠であるスンリョンさんのパンソリがお上手過ぎたのか
彼女のパンソリがイマイチになってしまったのが惜しかった〜

リュ・スンリョンさんは、色々なドラマでおなじみの方でやっぱり演技がお上手。
ナムギルは、客演って感じかな?
友人曰く「本当は老人の役」だけど、そこは韓国映画?ww
老けメークを途中からするんですが若いわぁ〜
でもそこはカレで、声色が素晴らしかったです。

映画館も写真を飾ったりと公開してから少し経った昼間ですが半分くらいの入り。
スンリョンさんのファンなのかな?
中高年の男性の姿が思ってた以上に多かったです。


 

映画 区切り 18:17 区切り comments(0) 区切り - 区切り

無頼漢〜渇いた罪〜@シネマート新宿(10月3日)

初日初回を見に行ってきました〜
お友達が前日に座席指定を取っててくれたので、ゆっくり行けて助かりました。
小さい映画館なので9:45から初回上映なので20分頃着きましたが
グッズを買う列がハンパなくて、これでは上映時間に間に合わないかと
思いましたが、グッズを買ってた友人はギリギリ間に合いました。


限定入場者プレゼントのファイルGET!

お友達がゲットした生写真。

試写会で見えなかった部分がしっかり見れて良かったですわ
やはり試写会では映像の上が切れていたようです。
ストーリーは、やはりノワール&ノワール
色々な愛があるけど、分って貰えない、報われないでもそれでも構わない愛の形。
ラストはナンだかな〜納得行かないけどこれも彼の愛、彼女の愛なんだろうな・・・

映画 区切り 13:49 区切り comments(0) 区切り - 区切り

「無頼漢」試写会(9月17日)なかのZERO小ホール

無頼漢 渇いた罪
10月3日(土)シネマート新宿でロードショー

韓国を代表する女優のチョン・ドヨンさんとアタシの大好きなキム・ナムギル氏が共演した映画を
お友達が試写会に誘ってくれて行ってきました。



韓国で先に見ていた友人からノワールものだよって聞いていたので
画面の暗さもストーリーも思ってた通り、
終わってスッキリした!って感じの映画ではないです(^_^;)

韓国の裏社会と警察の理不尽さがたっぷり詰った作品に
悲しいロマンが絡まった映画でした。
アタシの思ってる「無頼漢」イメージとはかけ離れてたけど
コレが韓国人から見る「無頼漢」のイメージなんでしょうか?
何だか不思議な感じ・・・
ナムギルもまたもや最後には大部分の作品通りの結末で、やるせなさが残ったわぁ〜
前回の「パイレーツ」みたいな作品の方が彼に合ってると思うんだけど
なんでこう言う映画に出演するのかな?と次回は決まってるからいつでもいいので明るい作品の彼が見たいな。

まだ咳が出てたので咳止めをしっかりしてノドあめも完備したけど途中何度も咳が出てしまってすみません。
 

映画 区切り 15:03 区切り comments(0) 区切り - 区切り

パイレーツ試写会@シネマート六本木(5月18日)

お友達に誘ってもらって試写会へ行ってきました。


パイレーツ

アタシの大好きなナムギルの映画がやっと公開されます。
この作品の彼は多分今までで一番素の彼に近いようなキャラだと思います。
VFXも思った以上に良くて、二年前にロケ地見学へ行って(まだその撮影地ではロケ前)そこにあったサメの残骸の意味がやっと分かりました(笑)
ま、荒唐無稽なファンタジーって感じでキャラ立ちもしっかりしていて脇を固める役者さん達もみなさんベテランでお上手。
去年夏に韓国で動員数を伸ばした作品だけありました。

映画 区切り 09:31 区切り comments(0) 区切り - 区切り

RUSH(渋谷TOHO)2月8日

大雪の中、友人が座席の予約を入れておいてくれてたので見てきました〜
舞台挨拶は、最初のもダメ、一般ではコンビニに行って一番を取って挑戦しましたがダメ。
今年もまたしょっぱなから縁起が良くなくて、これからはこれを挽回するようにしなくっちゃなと決意を新たにしました。

映画は雪にも関わらず思った以上の入り。
最初は二人の顔が思い浮かんじゃったけど途中からは作品が面白くて気にならなくなってあっという間に終わってしまいました。
本編が終わった後、「Glorious Days 〜ただ道を探している」が本編のダイジェスト映像とともに流れます。
終わった後にまだ余韻が冷めやらない後にダイジェストと歌ってのは、余韻を引きずりますね〜
映画が良かっただけに、今日もまた見たいなって思うくらい引きずっています(^_^;)

時代がアタシの若い頃だし、全くファンでないF1が話題になるときにはドライバーが亡くなった時だったのを覚えています。
また当時付き合っていた彼が車好きで改造したり、ゼロヨンだったかな?付き合いで見に行ったりしたことを久しぶりに思い出しましたわ。

とにかく本編は息をつかせぬくらいのエピソードが散りばめられていて、最後の富士が圧巻。
当時のファッション、世相、結婚してからの守るものができた時の性格の違い・・・
この二人の性格の違いが時折キンキ二人の性格の違いを思い起こさせて、この配役でいいのは分かっていますがファンとして剛さんの甘いタラシ声wwでハント、光ちゃんの声で冷静なラウダの声をやってくれるのも見てみたいと切に思いました。

 

映画 区切り 09:44 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ストロベリーナイト・プラチナデータ@渋谷TOHOシネマズ

ストロベリーナイト

テレビでのCM効果も原作好きな効果もあって
絶対に見に行こうと思っていたところ、ダンナも見たいって事で
夫婦割りで一人1000円で見る事が出来ました♪

1000円じゃ申し訳ないくらいに面白かったです〜
最初から犯人はあの人じゃないかって分かってしまいましたが
大沢さんのカッコいい事ったら〜
印象的な雨で始まり雨で終わる。
菊田と大沢さんの牧田との姫川を巡る関係
牧田に惹かれて行く姫川の心理描写がまたイイ!
あっくんのチンピラもリアルだし、殺されたお顔のアップがまた凄かったけど
これってTVではどうなるのかな?モザイク?
ダンナさんは「うっ」と言ってたので後で聞いたら「見れなかった」とww
できれば牧田と姫川のシーンに浸りたかったので一人で見たかったなと思いました(^_^;)


プラチナデータ

見るつもりはなかったけど、
地元ニノちゃんファンのママ友さんからお誘いがあってご招待されて見ました。
彼女は7回見たそうで、「ニノちゃんの為にチケットたくさん買っちゃったから」との事。
流石ジャニヲタの先輩でございますww
一応いらないって言われたけどお返しはポップコーンと飲み物で。
残ったのは持って帰って貰ってかえって感謝されちゃいましたww
この作品はTVCMでしか予備知識がなくて、どうなるかと思いましたが
近未来の日本に起こりうる、いやもう起こっているかもしれない恐ろしさがあって
作品に引き込まれちゃいました。
もう顔認識が実用化されてるんですからDNAも髪の毛一本から解析できる現在ですものね、原作を読みたいなって言ったら、帯の無い単行本なら貸せるって言われて読み始めている所ですw
生瀬さんがいつもと違ってシリアスだし、ミステリアスな水原さん、熱血の刑事がお似合いの豊川さんと
見どころがたくさんあって面白い作品でした。

映画 区切り 09:14 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ストロベリーナイト@TOHOシネマズ渋谷

ストロベリーナイト

珍しくダンナさんが、見たいってずっと言ってて
アタシは長男が初日に行って結末を聞いてたから別にいいかな?
って思っていたのですが、「一人で映画館へ行きたくないけど見たい」と
お願いされて、夫婦割で見ようとお休みだった金曜日にって事で了承ww
でも、金曜は1日で全員1000円の日(^_^;)
だからでしょうか?満員御礼の映画館は久しぶりでした。
もちろん、席がないと困るのでダンナさんは朝一番で映画館へ行って席を予約してくれましたw

この作品はテレビは全部見ていて、原作も読んでいる位好き。
全部見終わって、やっぱり映画館で見てよかったと思いました〜

特に菊田の切ない想いがね〜んん〜ん、可哀そうだわ〜
それがまた良い役ですわね。
また、大沢さんもね〜哀しみが漂っていてステキ☆

あっくんも何度も殺された時の傷つけられたお顔のアップが出て出演時間は多いかな?w
どうしようもないヤツがにじみ出ていて、演技力がまた増したような気がします。

竹内さんも演技力が増した感じ。
哀しみを悔しさを胸の中に閉じ込めた役がしっくり嵌りました。

犯人もたぶんコイツじゃないかって思ってた人で
謎解きは簡単でしたが、それに至る伏線やら行動が面白くてね〜
時間が短く感じました。

映画では良く寝ていびきをかくダンナさんが終わってすぐ
「寝なかったよ」
と、ま、いびきが聞こえなかったから分かってましたけど
最初に言うのは感想じゃんねと思いましたが、言いませんでした(^_^;)

今日は、また封切り日にやっていたストロベリーナイトの録画したのを見ようっと。

映画 区切り 10:18 区切り comments(0) 区切り - 区切り

区切り 1/4Pages 区切り >>