ホビークッキングフェア@東京ビッグサイト(4月29日)

誘ってもらって初めて「ホビークッキングフェア」に行ってきました。

 

食べ物の好き嫌いの激しいアタシなので試食できないものもありましたが

思った以上に出来て満足〜〜

 

食品会社がたくさんのブースを出していて、お料理教室や、試食、サンプル品を配ったり

新製品や変わったものを売ってたりして目もお腹もいっぱいになりました(笑)

 

 

500円でお料理教室もあって2つ受けてきました。

 

SB食品の「肉野菜カレー炒め」

 

 

これは帰ってからうちで早速アレンジを加えて作りましたが

とっても好評でした。

夕飯のレシピが増えてよかったですww

 

東洋水産マルちゃん正麺の冷やし中華を使ったレシピ

麺は1分経ったら裏返してまた1分経ったら裏返して次に解して茹でると

美味しいらしいです。

レタス、豆腐、ミニトマト、ジャコ、海苔を加えるとまた雰囲気が変わりました。

今度やってみようと思います。

 

帰りに明治屋や国分のファミリーセールもやっていて

試供品や買い物をして荷物が重かったけど

ついまた買い足しちゃって帰りは重くて大変でした(^-^;

 

 

 

 

 

 

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 18:40 区切り comments(0) 区切り - 区切り

西大寺 大茶盛体験講座@奈良まほろば館(5月7日)

ちょうど父の遺品を整理していたら当時の写真が出てきて懐かしいなって思ってた所

何十年前に一度だけ体験した大茶盛が東京で出来ると言うので申し込みしてみました。

 

お坊様の軽妙な語りに聞き入ってしまい、しっかりと西大寺の成り立ちをお勉強。

どうして東大寺と違って西大寺が廃れてしまったのか?

また真言律宗として復活した経緯もとてもよく分かりました。

 

千利休よりも200年も前、薬(お茶)を分け合うと言う事から始まった大茶盛は

茶碗も寄進のもので難しい作法もなく分け合う精神を体現できるのがいいですね〜

 

修正会(しゅしょうえ):お正月過ぎの1月にするので修正会(二月なら修二会)の時の拵え。

1月半ばの雪が降っている日にしたので、大茶盛をするときにはこの拵えにするそうです。

右の赤いお社は八幡さま。

 

お話しの後、いよいよ・・・

 

お懐紙と干菓子が配られ

 

4,5人に一つお茶が運ばれました。

このお茶碗はとっても重かったです(3〜4キロあるそうです)


真ん中のは奈良の赤膚焼きです。

 

 

 

 

 

恥ずかしいですが、大きさがよく分かるのでUP(笑)

 

 

 

続きを読む >>

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 21:10 区切り comments(0) 区切り - 区切り

大英自然史博物館展@国立科学博物館(4月27日)

息子たちが小学生の時に行って以来、科学博物館に行ってきました。

 

第一章 大英自然史博物館の設立

1.1 ハンス・スローン 大英博物館の礎

1.2 理性の時代の科学 1650年−1800年

1.3 リチャード・オーウェンと大英自然史博物館の創建

 

第二章 自然史博物館を貫く精神

2.1 カール・リンネと自然界を分類する方法

2.2 比較解剖学の父 リチャード・オーウェン

2.3 地球の歴史を解き明かす

2.4 チャールズ・ダーウィンの進化論

 

第三章 探検がもたらした至宝

3.1 太平洋を越えて

3.2 深海への探索

3.3 南極探氷点下の科学

3.4 オーダーされたコレクション ウォルター・ロスチャイルドとトリング館

3.5 日本への探検

 

第四章 私たちの周りの多様な世界

4.1 昆虫に見る多様な世界

4.2 変化する社会〜多様性を守るために〜

 

第五章 これからの自然史博物館

5.1 地面の中の宝物

5.2 未来の至宝

 

この中の昆虫に関するものは、

もう見るのもダメなのでチラ見のみでしたが目に残っちゃって結構きつかったです(^-^;

今回の展示は、撮ってはいけないものはありましたがほぼ撮影OKなので

記念に覚えておきたいものを厳選して撮影してきました。

 

何と言っても、「始祖鳥」のタイプ標本。

一枚の岩をパカッと半分に割った所、片面はくっきり、もう片面は薄っすらとしています。

そして始祖鳥の脳の化石(中央の丸いもの)。

もうどうやって死んじゃったの?って感じの化石。

この展示の横では、博物館内を飛ぶ始祖鳥が餌を取る映像(撮影禁止)が流れていて

短いのにとても引きずり込まれる映像で結構長くぼーっと見てしまいました。

 

 

たぶんコレもこの博物館展の目玉じゃないかな?

アタシもとっても見たかったもの。

「集団で交尾したまま窒息死したと思われる三葉虫」

これが交尾なのか?餌を食べようと集まっている所なのか?

ただ死んだ個体が集まっただけじゃないか?とかどうして分かるんだろう?

と思いつつやはりここでも数分立ち止まってしまいました〜
呪われたアメジスト
持っている人が不幸になってしまうので博物館へ寄贈されたらしい。
あのダーウィンのペットを現在見れるのははく製にしたおかげ。
絶滅したモア
存在が明らかになって80年位で絶滅したドードー
オオツノシカ
サーベルタイガー
日本アシカ、ニホンオオカミ等々、絶滅した動物の展示を見るのは哀しかったです。
特に人間のした事で絶滅に追いやられた動物たちには、色々な事情があったにせよ
手を貸して絶滅を早めてしまった事はあるんじゃないかな?
日本式双晶・・水晶が二つくっ付いた珍しいもの
輝安鉱:大きさが凄いらしい
写真は結構撮ったのですが、ここまでにして
買ったお土産をww
始祖鳥瓦せんべいと
アニマル茶こし
茶こしは一人分のお茶を入れるのにはいい感じでしたが
茶葉を入れるのが結構大変でした〜でも可愛いからOK(笑)

 

 

 

 

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 19:28 区切り comments(0) 区切り - 区切り

アロマブレンドワークショップ@Artim サロン青山(3月11日)

古いお友達Hさんに誘ってもらって

アットアロマさんのアロマワークショップに行ってきました。

 

 

サロンの中はとってもおしゃれで久しぶりに気後れしちゃいましたw

 

 

右のガラスは香りを嗅ぐためのものです。

 

今回はこの12種類の単独の香りのアロマを数種類自分なりの用途、

場所、時間に応じてブレンドして作る事。

スポイトで200滴分を作ります。

 

まずはブレンドした某有名航空会社、デパート等の香りを嗅いでコンセプトを勉強。

どのような場所にどんな香りが使われているか?

12種類のアロマオイルの効能と香りの勉強をしてから実践。

 

アタシオリジナルアロマの名前は「シュヴァルツヴァルト」ってまんまやないか〜ぃ!って

ネーミングですがドイツの黒い森をイメージして作りました。

 

これだけで2時間あっと言う間でした〜

 

終わった後にこのリフレッシュというハーブティをご馳走に。

お花の香りなのにスッキリしていて美味しかったです♪

 

お勉強の証(笑)

 

 

オイルの隣のは、日本のヒノキの間伐材を使ったディフューザーhinokoでお土産に頂きました。

ずっと興味を持ってたんですがなかなかお勉強する機会に恵まれなかったので

今回とても勉強になりました〜

ありがとう〜

 

artim

@aroma

 

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 18:41 区切り comments(0) 区切り - 区切り

これぞ暁斎!@Bunkamura ザ・ミュージアム(3月10日)

前売り券を買った時にはもっと早く行けるかと思ってたのですが

忙しくてやっと行ってきました。

 

近頃お気に入りの雑誌「和樂」に良く出ていて、

幕末から明治の比較的新しい時代の絵師で、

ずっと暁斎(きょうさい)を「ぎょさい」って思い違いをしていた人ですww

絵がちょっと滑稽なのばかり知ってたので興味を持って行きましたが

いやはやとても見ごたえのある作品ばかりでした。

 

序章 出会い ゴールドマンコレクションの始まり

第一章 万国飛 世界を飛び回った鴉たち

第二章 躍動するいのち 動物たちの世界

第三章 幕末明治 転換期のざわめきとにぎわい

第四章 戯れる 福と笑いをもたらす守り神

第五章 百鬼繚乱 異界への誘い

第六章 祈る 仏と神仙、先人への尊崇

 

軽妙な筆致の小さな作品の「放屁合戦」

見ているこっちもクスクス笑ってしまう有名な作品が

はがきを一回り位大きくしたサイズに書かれているとはびっくり。

この頃は端午の節句位しかみない「鍾馗さま」や達磨大師があるかと思えば

明治に入っての電線がある風景や春画もあって幅広い絵柄が楽しめました。

春画も武家の嫁入り時に持たせたみたいな?のばかりでなくて

ここには書けませんがしている最中にクスッと笑える絵もあったり

この線をどんな思いで描いたのか?考えるだけでも楽しくあっと言う間に時間が経ってしまいました。

この年になって初めて本物の春画を見たわ(^-^;

 

 

 

 

 

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 17:00 区切り comments(0) 区切り - 区切り

仏像切り絵教室@奈良まほろば館(3月8日)

奈良まほろば館の仏像切り絵体験に行ってきました。

 

ちょうど会場の2階には先生の作品が展示されていて

その説明も受けられました。

 

2時間のうち、半分は制作するようになったお話しと

モチーフの作り方、作品の説明。

残りの1時間で体験でした。

 

 

先生の本の1ページを切り取って、中宮寺の半跏思唯像を体験。

でも細かい部分を切って試してからなので思ってた以上に上手くいったな

って思った瞬間まっすぐな鼻筋がデコボコとなってしまい気を抜けません(^-^;

 

モチーフの作り方では、光の当たる方を優先するか?影を優先するかでずいぶんと違った感じになるので

何回も本物を見て推敲するとの事。

色々と考え方等を教えて頂いて面白かったです〜

 

 

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 17:50 区切り comments(0) 区切り - 区切り

節分会@代々木八幡宮

息子たちが小さい頃に行った事があったけど

ここ十何年位は行った事がなかったのですが、今年は年女なので

豆を撒く方に参加してみました。

まぁ〜裃着用って事は聞いてたし何となく覚えていたけど

まさかね〜名前を呼ばれるなんて当日に知ってドキドキしちゃいましたww

 

服は普段着でもOK。

裃の着付けをしてもらって↑男物の雪駄を履いてこんな感じに歩いていくのですが
ちょっと失敗したかな?って思ったのは普通の靴下だったので
歩いていく途中で雪駄が何度も脱げそうになってしまった事。
もし次回参加できるなら靴下を気を付けなくては・・・
そして檀上に上がって一人ずつフルネームを呼ばれて紹介。
太鼓の合図で豆まき開始して無くなったころにまた太鼓の合図で終了。
何度も何度も豆とお餅を補給して貰って、アンダースローで投げて結構大変でした(^-^;
終わると直会。
どんな方がいるのかな〜って事でちょっとだけ参加しました。
帰りにはお土産を頂いて帰りました。
思いがけず、ダンナが来ていて動画を撮っちゃってて
見ながらみんな大笑い!
ま、みんな笑顔になったんだから良かったかな?

 

 

続きを読む >>

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 19:54 区切り comments(0) 区切り - 区切り

明治神宮初詣

地元の代々木八幡さまへは初詣をしたので

大好きな「楠」がたくさんある明治神宮へお参りしてきました。

 

新しい鳥居も

 

もう10日も経ったから空いているかと思いましたが、なんとなんと

鳥居の上ばかり撮っているのは下にはたくさんの人がいたので・・・

本殿へのお参りも数人並んでいたくらいでした。

 

帰りに宝物館の「明治神宮名宝展」へも寄りました。

以前の宝物殿は前日9日で閉館になっていて、売店の上のみの展示でした。

ちょうど「女官 明治宮中出仕の記」を読み終えた所で

昭憲皇太后お召のドレスや明治天皇お召のご袍も展示されているとの事で

展示数は少なかったですが本の中の事を想像つつ堪能させて頂きました。

 

 

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 14:46 区切り comments(0) 区切り - 区切り

1月4日5日

久し振りに実家へ行って、施設にいる母にも会ってやっとお正月って感じになりました。

 

4日は天気が良かったので母に会った帰りに岩本山公園へ。

ろうばいもちらほら黄色い花が咲いていてとてもいい香り。

写真の富士山の下の木々は桜。

ここは富士山を撮るポイントになってるそうです。

 

5日は、実家の地元の三日市浅間神社さんへご挨拶。

 

ここでは「大吉」か「凶」しか入っていないというおみくじを引いて

みごと大吉を当てました!(^^)!

 

厄落としも今年初めてこの神社さんにできたのでやってみました。

 

このカワラケでできた厄の球を的に当てて厄を落とすというもの。

 

すぐ傍まで行けるので真ん中に当たって、なんだかすっきりしました〜

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 10:37 区切り comments(0) 区切り - 区切り

赤坂の豊川稲荷初詣

赤坂からの歩道橋からは外から並んでいるのが見えてたのですが

着いてみると並んでなくてよかった〜

 

恒例の二人の提灯。

今年はちょっと外側を向いていますが、

コンサートでなんかこんな感じの二人のシルエットがあったな〜(^_-)-☆

こんな感じもまた良しだわ〜

ロケ地・私の行った場所&お店 区切り 21:51 区切り comments(0) 区切り - 区切り

区切り 1/13Pages 区切り >>